スピリチュアルで音楽・料理好きなおっさんレディがチェンマイから発信するしょーもないブログっす
Be still! Find acquaintance with silence.Go inside,delve into your heart.Take a day off from the clamor.〜Rumi

ガブリエル・フォーレ、生誕 164年に「月の光」

 
Posted on 2009年5月12日 (火) 9:35 pm
Filed under クラシック/現代音楽


フォーレさま(1845−1924)、164歳のお誕生日おめでとうございます。
この記念日に有名曲を差し置いて、これ!

月の光/フォーレ (←クリックでyoutube開くよ)

月の光 (ヴェルレーヌ/坪田般彌訳)

あなたの心は選びぬかれた景色そのもの
現われ出たる仮面姿やベルガマスクは艶(あで)やかに、
リュートを奏で踊っているが、風変わりな
仮面の下では、どうやら悲しんでいるらしい。
勝利の恋と、時宜に適した人生を
短調のしらべで歌いながらも、
自分たちの幸せは信じていない様子
かれらの歌は月の光とまじり合う、
悲しくも美しい月の光は
木々の小鳥たちを夢みさせ、
噴水を、大理石の像のなかから噴きあげる
姿よい噴水を、恍惚とすすり泣かせる。

clair de lune
より引用

ドビュッシーも同じ詩を使って「月の光」を作曲しましたよね。ドビュッちのも大変な名曲で、視覚的にキラキラで目がつぶれそうなほどですけど、フォーレのはもっと「静」ですよね。決して華やかではないが、静謐で美しい旋律に歌がそっと寄り添っているような。前奏に登場するメロディが切なくて、胸が痛くなるくらい。どしてこんな曲が書けるんだろなあ。

Comments

comments









trackback uri

 



2 Comments for “ガブリエル・フォーレ、生誕 164年に「月の光」”

  • Jean−Laurent より:

    こんにちは私はフランス人です. Faureのような作曲家が母国にいたことを誇りに思ています. 月の光は上品で優しく美しい音楽です.
    有香さんのブログはFaureの繊細な美を聞き心があります. Paul Marie Verlaineは好きですか.
    Jean Laurent

  • 有香ちゃん より:

    はじめまして!コメントありがとうございます!
    そうですよ、フォーレとかドビュッシーとかラヴェルとかサティとかプーレンクとか当時のフランスのアートはとんでもないことになってましたね。素晴らしいっす。
    ヴェルレーヌは正直に言いまして、この曲があったから知った名前で他のものは一切読んでません。ランボーだったら高校生くらいのときによく読んだんですが。


Leave a Comment to Jean−Laurent

↑ページのトップへ

Earthborn Shop

カートは空です

Archives

Twitter