スピリチュアルで音楽・料理好きなおっさんレディがチェンマイから発信するしょーもないブログっす
Follow your bliss and the universe will open doors for you where there were only walls. 〜Joseph Campbell

‘ロック/プログレ’ Archives

キングクリムゾン/アイランズ

キングクリムゾン/アイランズ

1971年発表のキング・クリムゾンの宝石「アイランズ」のワシ的解釈。 [Read More]

UK/デンジャー・マネー

UK/デンジャー・マネー

変則リズムと凄テクはいつ聴いてもため息もの!かっこいいよ! [Read More]

Brian Eno, By This River

Brian Eno, By This River

なんの飾りもない音、淡々とした歌。今でもまったく色褪せることのない感動。 [Read More]

My Life in the Bush of Ghosts / Brian Eno and David Byrne

My Life in the Bush of Ghosts / Brian Eno and David Byrne

ブライアン・イーノとトーキング・ヘッズのデビッド・バーン:エイモス・チュツオーラの本からのインスピレーションで制作 [Read More]

Dead Can Dance / The Host of Seraphim

Dead Can Dance / The Host of Seraphim

Dead Can Dance (リサ・ジェラルド)のThe Host of Seraphimと、映画Barakaにこの曲が登場する場面の話題。世界の人々の息苦しくなるような生活の映像が音楽に乗って流れる。 [Read More]

ザ・プラトウ・オブ・ミラー/イーノ&バッド

ザ・プラトウ・オブ・ミラー/イーノ&バッド

イーノ&ブッドのAmbient 2 ~ The Plateaux of Mirrorは、発表から長い歳月過ぎた今でも、全く色褪せることなく、当時の輝きはそのまま。アンビエント音楽の頂点に近い位置にいるのは間違いない。 [Read More]

天空のリサイタル

天空のリサイタル

大晦日に見た夢から、リサ・ジェラルドの威厳ある女神のようなグロッソラリアを連想する。 [Read More]

Mike Oldfield 〜Ommadawn

Mike Oldfield 〜Ommadawn

マイク・オールドフィールドのオマドーンはプログレの好きな音楽山ほどあれど、これは自分にはアフリカの記憶が甦る特別な存在。 [Read More]

Another Green World / Eno

Another Green World / Eno

15歳のときに出会ったブライアン・イーノの「アナザー・グリーン・ワールド」衝撃的な出逢いで、ここで私の音楽の好みが大きく変化していくことになる [Read More]

Julee Cruise “Floating into the Night “

Julee Cruise “Floating into the Night “

ジュリー・クルーズのFloatingは、夢と現実の境目をフワフワと彷徨う。夢は悪夢だったり儚い喜びだったり。まさにデビッド・リンチの世界そのものを音楽にしたものって感じ。 [Read More]

↑ページのトップへ

Earthborn Shop

カートは空です

Archives

Twitter