スピリチュアルで音楽・料理好きなおっさんレディがチェンマイから発信するしょーもないブログっす
From understanding comes love. 〜Rumi

シナモンロール

 
Posted on 2010年10月28日 (木) 10:01 am
Filed under パン・デザート・ドリンク

焼き上がりまでの全行程90分で仕上がるシナモンロール!
もうお気付きかと思いますが、ワシはあまり手の込んだ料理をしません(できません、か)。キーワードは「カンタン」。だはは
以前お知らせした「コネないパンのレシピ」を使ったベニエのドーでもシナモンロールが出来ますが、今回はプチ正当派、コネて生地を作るバージョンにて。あくまでもプチ正当派。本格的なのはもっと時間かかるし。

シナモンロール材料

パン生地:

  • 強力粉 3と1/4カップ
  • ドライイースト 大さじ1
  • 砂糖 1/4カップ
  • 塩 小さじ1/2
  • 牛乳 3/4カップ
  • バター 1/2カップ
  • 水 1/4カップ
  • 卵 1個

シナモン・バター:

  • 黒砂糖 1カップ
  • シナモン 大さじ1
  • バター 1/2カップ

アイシング:

  • 粉砂糖 50g
  • お湯 小さじ1
  • ラム酒 小さじ1/2

【注意】
アメリカのレシピなので1カップを240CCで計量してください!

作り方行程

下準備:ラップにバターをのせ、その上にまたラップをかぶせて薄くのばし、冷凍庫で冷やしておく。

  1. 牛乳、水、バターを温め、バターを完全に溶かし、ぬるま湯程度に冷ます。
  2. 小麦粉を1カップ残して、残りの粉、イースト、砂糖、塩を大きめのボールに入れて混ぜ、1を加える。
  3. 2がよく混ざったら、卵を加え、残りの小麦粉を少しずつ加えていく。様子をみて全部このとき使わなくてもかまわない。2で残った粉を打粉にしながら、約5分よくこねる。
  4. 形を丸く整え布巾をかぶせて10分生地を休ませる。
  5. その間にシナモンバターの材料をあわせておく。
  6. 5の生地を長方形に薄くのばし、冷やしておいたバターをのせ、たたんではのばしということを3〜4回繰り返す。
  7. 長方形にのばした7の生地の上に6をぬってロール・ケーキの様に丸め、好みの厚さに切る。
  8. 約30分発酵させる。
  9. 190℃のオーブンで25分焼く。

好みで焼き上がりにアイシングで飾ります。
アイシングは、様子を見て、固すぎる様ならホンの少しずつお湯をたす。ねっとりする位がちょうどよい。混ぜたらクリームの絞り器に入れ(絞り口は一番小さい丸形)飾ります。すぐ固まってしまうので、急いでやってしまうこと。クリームチーズ入れてもカロリー倍増だけど美味しいよ!

Comments

comments





Related Tags: ,




trackback uri

 



2 Comments for “シナモンロール”

  • Berg より:

     アイシングのような、温度が下がると固まるものを扱う場合は炊飯ジャーが便利。注ぎ口の付いた金属製カップに材料を入れて、炊飯ジャーの内釜の中に置いておけば固まりません。60〜70℃前後で保温してくれるので、チョコレートを湯煎するのが面倒な場合や飴細工などにも使えます。必要なら内釜に少し水を入れれば湯煎できます。少量なら、マグカップに入った飲み物を保温するカップウォーマーのようなものでも可能。安価に売られているUSBカップウォーマーは温度が低いのでチョコレート系材料には最適かも。

     シナモンの代わりにオレンジの皮をすり降ろしたオレンジロールを作って、粉砂糖の代わりにチョコレートを使ってアイシング(白くないからアイシングじゃないけど)するのも良さそう。

    • 有香 より:

      Bergさん、おひさしぶりっす!
      つーか、Bergさん、すげー!炊飯器を使うなんて思ってもみなかったよ!チョコ溶かすのに、そうか最高だよねえ。天才!
      オレンジロールも美味しいそう!他に色々工夫できそうですね(^^)


Leave a Comment to 有香

↑ページのトップへ

Earthborn Shop

カートは空です

Archives

Twitter