スピリチュアルで音楽・料理好きなおっさんレディがチェンマイから発信するしょーもないブログっす
Be still! Find acquaintance with silence.Go inside,delve into your heart.Take a day off from the clamor.〜Rumi

プレー旅行(インディゴの街)

 
Posted on 2019年9月4日 (水) 12:06 am
Filed under チェンマイ/タイ

プレー

先日、友人たちと一緒にインディゴ染めが有名なPhrae(プレー)に行ってきました。某グループのロケハンが目的ですが、お目当は汚れてしまったシーツや色褪せたりシミつけちゃったりした服やプレイスマットなどのインディゴ染め復活作戦。キングサイズのボックスシーツ、クイーンサイズのフラットシーツ、ワンピースが3枚、パンツ1枚、プレイスマット4枚、エコバッグ!が見事に藍色に蘇ってもうご機嫌です。

そしてPhraeの山方面へとドライブミニ旅行をしたのです。
PhraeからNan(ナーン)へ向かう方面はこんな丘陵地帯が延々と続く。
道中数キロにも及ぶ距離で、まるで花吹雪のように舞う蝶々の群れにも出会いました。幻想的で夢の中にいるようだった!
でも実はよく見てみたらこの丘陵風景、全部トウモロコシ畑!森が伐採されて飼料用の栽培がされています。広大に延々と続く美しい風景だったけど、環境的にかなり悪なんで心は複雑。

BGM的にはオーヴェルニュの歌あたりが超似合うと思いました。もう脳内再生リピートが止まらず。

オーベルニュ民謡(カントルーブ編曲)
『オーヴェルニュの歌』第二曲「バイレロ」

この清らかな音楽だけでも、情景が目に浮かぶでしょう。羊飼いの男女が川を隔てて対話をする問答歌です。オーベルニュ地方の田園風景とはいかないけど、Phraeのこの風景にもゆったりと流れる時間と、大自然の中の人間の営みを感じて、なんだかとても愛おしい気持ちになります。全ては悠久の時の流れの中にあり、自然と人間にはこんな風に連綿とした繋がりがあるのだ。

Comments

comments









trackback uri

 



Leave a Comment

↑ページのトップへ

Earthborn Shop

カートは空です

Archives

Twitter