スピリチュアルで音楽・料理好きなおっさんレディがチェンマイから発信するしょーもないブログっす
Om Bhur Bhuva Svaha,Tat Savitur Varenyam,Bhargo Devasya Dhimahi,Dhiyo Yo Nahah Prachodayat,Om

断崖絶壁天空の寺院 Wat Chalermprakiat

 
Posted on 2017年12月28日 (木) 11:47 pm
Filed under チェンマイ/タイ

タイの絶景10選のひとつ?

ランパーンのチェーホム村にあるドイ・プーヤックという山にそびえる断崖絶壁の天空の寺院に行ってきました。
タイの絶景10選に選ばれているという話もあるけど、最近テレビで紹介されたとかで、今や大人気の場所らしいのです。ザっと雑談した訪問者はバンコク、パタヤ、アユタヤからなどタイ国内の遠くから来た人たち。外国人も多くて、台湾・香港・シンガポール・韓国、白人もちらほら。年末年始には1度に4,000人が来たことがあるという、これはふもとのカフェのお姉さん談。頂上までいく過程の道のりが細いので、できればオフシーズンに行きたいものだね。私が行った日は幸い全然混んでなくて、のんびりの登っていくことができました。あの細い急な階段に4,000人とか想像しただけでも恐ろしい!

さて、そんなわけで、その天空の寺院のオリジナルの名前はPoophadaeng(プーパーデーン)。そして2004年にラーマ4世の生誕200年を記念してついたという名前がWat Chalerm Phrakiat Phrachomklao Rajanusorn(ワット・チャルーム・プラキアト・プラチョームクラオ・ラチャーヌソーン)。(長ければ長いほどエライらしいよ)それを簡単にしたのがWat Chalermprakiatであるということです。いろんな名前で呼ばれていて、しばらく混乱したわ。このお寺は地上にある本堂、乗り合いトラックで行く中継地点の山の中腹の寺院、そして天空の寺院と3カ所に分散しています。

あのてっぺんまで行くのです。

天空の寺院への道のり

自分の車でいけるのは、山のふもとまで。ここには山の寺の本堂がある。これが第1の寺院。
そこから1人100バーツの料金を払って(往復料金)、ソンテウ(乗り合いトラック)で、山の中継地点にいく。トラック同士は無線で連絡を取り合っていて、細い山道で鉢合わせにならないようにしているらしい。

トラックを降りると、周辺には仏足石があったり仏像があったり、洞窟的な寺があったり、そしてトイレがあったりして、第2寺院的な。飲み物を持参してこなかったのならぜひ入手、トイレも上にはないのでここで済まそう。

そしてそこからは頂上までは徒歩で800メートル!
800メートルという距離はどうということない距離だけど、それが35度とかの急な階段だったらどうよ。普段、超運動不足のワタシには生死に関わるような体力を消耗すんのよ。しかし老若男女歩いてます。80才というおばあちゃんもいたし、小さな子もいたし負けられません!タイ人で驚くのはサンダル履きが多いこと笑 実はあたしゃ前日にドイ・クンターン国立公園の山道を14キロハイキングをしたので、既に足が筋肉痛で、ここへ来る前にはChae Son National Parkでのんびり温泉に浸かり、脚の疲れを癒したハズだったんだけど、全然癒されてませんでした。いやはや、キツかったのなんのって(涙)帰りの階段もキツー。脚がガクガクになってしまって、チェンマイへ帰る途中でコーヒー買おうと車降りたら、脚が動かなくて歩けなくて!その運動不足っぷりに唖然としました・・・。ブレーキとアクセルは踏めたのでなんとか帰れたw

階段、急なので要注意

素晴らしい眺め!

というわけで、何度も遭難しそうになりつつ(するか!)頂上に着くと、さらに少し階段を登り、見晴らしのよいサラーに出ます。天候も抜群だったため、本当に気持ちよかった!お祈りをして、一通りあちこち行って写真を撮り、最後に少し瞑想をさせてもらいました。人が集る頂上のサラーの横に小さなお堂があって、その建物は壁があって風景が遮断されるためか(つまりインスタ映えしない場所)、なんと無人。最高の瞑想スポットです。絶妙な温度の涼しい風がなんとも気持ちよく、お寺の屋根からぶら下がっているいくつもの鈴は、風が吹くたびに優しい音色を聴かせてくれました。いろいろな心のゴミが風に乗って解放されていく感覚がありました。ストレスや不安の多い人生の中でも、こうして深い幸福感を得られるひと時が一瞬でもあるというのは、なんと幸運なことだろうと有り難く思いました。

時間帯によって雲海や朝夕焼けが素晴らしいだろうな

あんなところへよく建てたね・・・
少し下にも白い仏塔があるの見えるかな

ワタシの写真じゃお話しにならんので、Youtubeにあったドローン撮影の動画をくっつけておきます。BGMが悪趣味だがすみません。動画の最後の方に出てくるふもとの寺院がこのお寺の本体です。帰る前にちゃんとご挨拶してきました。乗り合いトラックに乗る駐車場のすぐ横からアクセスできます。
駐車場周辺には食堂(トイレの横の食堂で食べたけど油っぽくてマズイ)などがあり、トラック乗り場のチケット売店のすぐ横にあるマッサージ屋さんで、あまりにもボロボロになった脚をちょっとだけ揉んでもらったら、これが極楽だったのでオススメです。

Wat Chalermprakiatへの行き方

ドイサケットの山道を越えていくと距離的にはとても近いけれども、なんたって山道。距離はあるがスーパーハイウエイから1度ランパーンまで行って、そこから1157道路で行くと2時間半くらいで、山のふもとのソンテオ乗り場へたどり着けます。

Comments

comments





Related Tags: , ,




trackback uri

 



Leave a Comment

↑ページのトップへ

Earthborn Shop

カートは空です

Archives

Twitter