スピリチュアルで音楽・料理好きなおっさんレディがチェンマイから発信するしょーもないブログっす
There is nothing outside of yourself, look within. Everything you want is there-you are That. 〜Rumi

野の花が教えてくれること(New Earth)

 
Posted on 2010年11月17日 (水) 10:15 pm
Filed under スピリチュアル


ワシは花や植物が大好きだ。
チェンマイに来てからは庭作りをしてないけど、日本やアメリカではちょっとしたGreen Thumbなガーデナーであったし、自分で庭作りをしなくても、緑の豊かなところで暮らすというのは、住まい選びでのまず最初の重要事項のひとつでもある。
花を見て美しいと感嘆するとき、自然の中の木に抱かれるとき、風に揺れる木の葉や雪解けの水に耳を澄ますとき、満天星のざわめきに圧倒されるとき、その瞬間がとても瞑想的であることに気付いたのは、コロラドの森の中に暮らしていたときだったよなあ。

4763198726ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
エックハルト・トール 吉田 利子

最近日本語で3度、英語で再度読んでしまったりして、恥ずかしいほどにハマりまくっている本、エックハルト・トールの「ニュー・アース」。何も新しいことは書いてないのだが、今の自分にとても必要なメッセージがタイムリーに満載の上、ストンと落ちるように理解できる文章で書いてあるため、必死こいて読んでたりして。
んで、その冒頭に、花に関する話しがある。

花に美を見出すことを通じて、人類はほんのつかの間であれ、自分の最も内なる存在の核心にある美や本質に目覚めるのではないか。
美というものの最初の認識は、人類の意識の進化にとって最も重要な出来事の一つだった。
その認識と本来的に結びついているのが喜びと愛という感情である。それとははっきりと気づかないうちに、花々は私たちにとって、自らのなかの最も高貴で聖らかな、究極的には形になり得ないものを表現するものになった。

〜エックハルト・トール「ニュー・アース」P.12

人間がある程度「いまに在る」という本質的な生き方ができるようになり、外界への静かで鋭敏な意識が芽生えると、生命の聖なる本質、つまり全ての生物、あらゆる生命体に存在する意識あるいは魂を感じ取り、それが自分自身の本質でもあると気づいて愛するようになる。だがそれまでは、たいていは外形的な姿ばかりを見て、内なる本質になかなか気づかない。自分自身の本質がわからず、肉体的、心理的な形が自分であると信じ込む。

〜エックハルト・トール「ニュー・アース」P.13

コロラドの山奥暮し時代、長い厳しい冬の後、雪解けと共に一斉に咲く野草の花々の儚さに触れ、翌日に夏の積雪や低温遅霜注意報が発令されていることなど一切思い煩うことなく、黙して風に揺られながらその瞬間を「ただ在る」美しい姿に感動したものだ。そして、そんな感動の中にいるとき、自分の絶え間ない思考のおしゃべりが停止していることにも後で気づく。花の存在が、こんな俗なワシをも「ただ在る」状態にしてくれるのである。そして思考が沈黙をするとき、愛が姿を現してくる。花と接していると、自分の内部からわき上がってくる無条件の愛を体験する。
クリシュナムルティも『何もすることはない。ただ心を開いて静かに耳を傾け、あの花の美しさを見つめたまえ。』と言ったもんねえ。

逆らわないこと、あるがままで素晴らしいこと、そして愛・・・
花は、そんなことを黙って教えてくれる神聖な存在なんだと感じている。

【写真】コロラドの野の花です。ブルーは野生のルピナス、赤いのはインディアン・ペイントブラッシュ。どちらもごく一般的な野草の花。

Comments

comments









trackback uri

 



5 Comments for “野の花が教えてくれること(New Earth)”

  • 猫シッター より:

    花には、これまでずいぶんと助けられてきました。これからもーー。
    ニューアースという本は、友人からもすすめられたので、購入します。

  • ブライトアイ より:

    有香ちゃんは本当に素晴らしく感性の豊かな人だなって
    よく思います。

    >そんな感動の中にいるとき、自分の絶え間ない思考のおしゃべりが停止していることにも後で気づく。

    素晴らしい空に魅了されてる時も、そんな感じだわって
    今有香ちゃんの文から気が付きました。

    またコロラドの山奥に引っ越してきませんか~~~~?(笑)

  • 有香 より:

    猫シッターさん>
    ニューアース、もうずっとスピリチュアルやニューエイジに接していると、なんの新しい話しもないんですけど、こういうことって、くり返し擦り込んでもらわんと、なかなか頭でわかってても身にならんというか、ワシがバカなんでしょうか?(笑)お勧めです!


    ブライトアイさん>

    素晴らしい空や、小鳥のさえずり、感動する音楽、幸せそうに眠る猫・・・などなど、思考を停止させてくれるものって、身近に溢れてますよね!無意識にそういうことを体験するんじゃなくて、ちゃんといつも目覚めて感じていたいなと思った今日この頃。
    コロラド山奥、また暮らしてええーよー(涙)

  • pomoyo より:

    はじめまして、エックハルトトールさんの本を
    タイの友人にも読んでほしいと検索していたら、
    偶然にこちらにおじゃましました。チェンマイに在住されていらっしゃるのでしょうか。
    ご存知ではないかもしれませんが、タイにエックハルトトールさんのニューアースなんかは、翻訳されているかご存知ですか?

    • 有香 より:

      pomoyoさん、こんにちは!タイ語のNew EarthはDMG Booksで出版されているようですよ。はい、今チェンマイの郊外に住んでおります(^^)

      あああ、今見てみたら、電子Bookみたいですねえ。こちらです。


Leave a Comment to ブライトアイ

↑ページのトップへ

Earthborn Shop

カートは空です

Archives

Twitter