スピリチュアルで音楽・料理好きなおっさんレディがチェンマイから発信するしょーもないブログっす
There is nothing outside of yourself, look within. Everything you want is there-you are That. 〜Rumi

地蔵カフェ in Carmel 終わりました

 
Posted on 2005年6月7日 (火) 4:32 am
Filed under 食ジャーナル

サンフランシスコ禅センター所属禅僧の慧岳夢中さんと、そのお師匠さんでアーティストでもある柿沼忍昭さんによる「地蔵カフェ」がミニ・バージョンにてカーメルの我が家で実現しました!

タサハラでゆったりと過ごされた直後にお二人を忙しくコキ使ってしまって、まずはお詫びとお礼を。ほんとにすまん(←ちゃんとあやまってない)&ありがとうございました!

6月1日の午後、夢中さんから電話が入り、Carmel Valleyのオーガニック農場EarthboundFarmで落合いました。お店に入ると絞りたてニンジンジュースを持った作務衣姿のツルッツル頭の坊さんが二人レジに佇んでおる。

いかん、目立ちすぎる…。

コロラド時代からメールで交流していた夢中さんに、やっと生で会うことができて、あたしゃうれしくて彼の背中をバチンと叩く。彼等は周囲からも思いっきり注目を浴びていて、二人が庭に出て、わたしがジュースを買っている間、店の人に「あの方たちはいったいどういう方々?・・・」という質問を受けました。一人が質問すると、周辺の店員たちが一斉に注目してわたしの返事を待っていて、その視線がかなり痛かったのだが(いや、いい意味でな)、まあCarmel Valley Rdの先にはタサハラ(SF禅センターの分寺)があることだし、オーガニック農場の売店ってことで、その系統には興味津々かつその世界にドップリという人も多いので、質問にお答えした後のみんなの嬉しい顔には、「わたしったら坊さんたちと友達なのよー」ってカンジで鼻高々よ。別にわしがエライわけじゃないんだが、便乗させてもらったっす。

もう一件行った別の自然食品店Cornucopiaでもまったく同様の反応でなあ。(余談:あ、ここではわたしがレジでお金を払ってるときに、坊さんたちはヨガグッズなんかを物色しておったのだが、そんときレジ前におったのは、この前のblogで話題にした某クリン○・イー○トウッ○の娘のFちゃんのナニー(乳母)さんで、彼女が出ていく直前に女優のようにサングラスをしたFちゃんもササっと登場したのであった。そうか、某映画俳優はココで野菜買っておるんだな←パパラッチ)なんだか前置きが長くなったが、こうしてわしらは無事美しいオーガニック野菜たちを調達したのであった。

(上の写真はEarthbound Farmのベンチでいきなり昼寝をかます坊さんたち。だから更に目立つっちゅーのに)

我が家に到着すると、ウチのじーさんばーさんに捕まりお茶とおしゃべり攻撃にあうが、適当なところで「さてと」をうまくキッカケを作って立ち上がり、颯爽と前掛けをつけて、マイ包丁を取り出すところのタイミングはサスガである。なにしろ話好きな年寄りな上にスピリチュアルな事には目のない二人なので、付き合っていたら夜が明けてしまうのである。

しかしナンだな。男子二人が台所に立ってせっせと料理をする姿っちゅーのは、なんとも美しい風景だのうw しかも坊さんだ♪

昆布で出汁をとったお汁に般若心経を込める忍昭師匠。やっぱし食はスピリチュアルなのだ。狭い台所で作業しにくかったとは思うが、短時間でどんどん料理が出来上がっていく素早さ!お米の炊き加減がマズくて炊き直しというハプニングを除けば、もう完璧すぎるような準備だったっす。そんな料理も終わりに近付いたとき、ボチボチとお客さまが登場する。Rさん、Yさん、いらっさいませ。それからKさんもちょっと遅れていらっさいませ♪

カーメルの我家で行なわれた地蔵カフェダイニングのテーブルの向きを変え、簡易寿司バーをつくり、台所側に夢中さんが立って、わしらは夢中さんを囲むようにして着席。

そして、まずはアパタイザーね♪ スクワッシュの煮物、ふろふき大根(味噌はコロラドで京子さん&T博士と一緒に作ったやつの、とっておき大事な残り!)ケールの白和え(豆腐&ピーナッツバター)と、球根セロリの梅干し和え。どれもめちゃくちゃウマかったのだが、一番のヒットは初めて食べた球根セロリかのう。マヂで泣けます。

で、いよいよ寿司ね。目の前で精進寿司が巻かれていくのねん!さすが元寿司屋の夢中さん、手早いしうまい!すし飯は米酢ではなく、あるフルーツの酢だったんだよねー。(どのフルーツだったかは企業秘密だもんね)これがフルーティで野菜だけの寿司に合うのなんのって。精進寿司で予想もつかないものが一品ありましたっす。それは生のトウモロコシっす!生のトウモロコシを生姜醤油につけて、それを軍艦巻きにする。うそ〜〜〜〜〜〜っていうカンジの美味さだって、ほんと!それから、オリーブオイル(香り豊かなパレスチナ産のオーガニックのエキストラ・バージン。)をたらした大根とサンドライド・トマトの手巻きも大ヒットだったな。

食ったものに関してはもっとしゃべりたいけど、坊さんたちのネタを守るためにここまでw とにかく、野菜だけであれほどおいしいお寿司を堪能できるものなのだという、目から鱗が落ちるような食体験だね。

参加したYさんはお疲れ気味だったのに、精進寿司を食べるうちにどんどん元気になってきた、とおっしゃっていました。まったく、魂の洗濯をされたような食事でしたっす。(そういえば、こういう店あるよねえ、某所に(笑)>もにっち)
というわけで、地蔵カフェ報告前編終わり〜〜後編に続く(つもり)

Comments

comments









trackback uri

 



10 Comments for “地蔵カフェ in Carmel 終わりました”

  • てふ より:

    こんにちは〜
    覗きに来て頂きありがとうございます♪
    くすくすと笑いながら読みました〜
    いいないいな〜
    ほわほわとお二人&有香さんの雰囲気が伝わります。
    それにしてもっ!美味しそうな、おごちそうで。
    秋に夢中さんがこちらに来られた時には
    ぜ〜ったい食うぞと、心にきめました。
    続きも期待しています。
    また後で他の日記もよまさせていただきま〜す。
    楽しい時間をありがとうございました♪

  • てふ より:

    方羽だけで書き込んでしまいました。
    てふてふでした〜(笑)
    でも気に入ったので
    ここではこのハンドルで。失敬!

  • て父 より:

    彼の背中をバチンとなあ。。( ̄△ ̄) 
    相変わらずだのぅ(笑)

  • 有香 より:

    てふてふさん、初コメントありがとうございます!!
    夢中さんのmixi経由友達でココにコメントもらったのはてふてふさんが初!ヾ(@⌒▽⌒@)ノカンゲキ〜
    秋の夢中さんの日本帰省、盛り上がりそうですなあ♪
    父、愛情表現ね、愛情表現(^^)>バチン

  • もにっち より:

    おお( ̄▽ ̄)
    いいなあ、わくわくするなあ
    後編も楽しみだぞ

  • 狷さま より:

    なにか、こちらまで幸感でみたされるような…..
    好い経験なさいましたね!!!
    羨ましい……….精進寿司…….心も身体もリフレッシュしてくれそう………..

  • EMI より:

    オーガニック!!
    精進寿司!!
    絶対食べたい!!
    坊さん東京にきてくれるかな(−.−)。。。。

  • Hiviki より:

    むふふふふ(^-^)んまそうですぅ〜
    ふ〜ん、とんもころしは生でも食えるんだぁ
    あたしも昨日ゆでて食べたけど、ちと生でつまんでみたら、食えそうな雰囲気だった。
    こんどやってみよっと〜

  • てふ より:

    私のおとうちゃんのねんだいのかたは
    畑に植えてあるとうもろこしを
    学校帰りにこっそり頂いて
    おやつにたべていた・・・らしい(笑)
    何でも食べたかった時代ですから(昭和ひとけた)
    今のとうもろこしのほうが甘いからうまいかもですね〜

  • 有香 より:

    もにっち、けんさま、EMIさん、Hivikiさん、てふさん、
    後編遅くなっててすまん〜〜〜
    Hivikiさん、トウモロコシは、ショウガ醤油に短時間浸けてあったよ!酒もはいっててたかも?
    てふさん、昔の人は生で食ってたんですなあ。てか、昔の人のが本当においしいものってよく知ってましたよねー。


Leave a Comment

↑ページのトップへ

Earthborn Shop

カートは空です

Archives

Twitter