スピリチュアルで音楽・料理好きなおっさんレディがチェンマイから発信するしょーもないブログっす
Follow your bliss and the universe will open doors for you where there were only walls. 〜Joseph Campbell

フォトショップで古い紙を作る

 
Posted on 2007年3月4日 (日) 1:45 am
Filed under フォトショップ

フォトショップで古い紙の素材を作る方法です。

  1. 任意の大きさのカンバスを開いたら(300dpiでA4とか)四角の選択ツールで画面いっぱいに(てか、画面より微妙に小さめに)四角い選択範囲を作り、新規レイヤーを追加して、そこを適当な古い紙になりそうな象牙色っぽいもので一気に塗りつぶします。
  2. 塗りつぶしたら、フィルターの「ノイズ」→「ノイズを加える」で、ザラザラ感を出します。モノクロでね。適当に様子をみながら適用してください。
  3. 次に「焼き込みツール」を選んで、設定を「ハイライト」、露光量を30〜40%くらいにし、ブラシはソフトな100pxくらいのやつで紙の端っこをツツ〜〜〜っとなぞっていくわけです。特にコーナーを念入りに。そうすると、既に紙が古ぽい汚れた感じになってきます。背景レイヤーじゃなくて、追加した紙レイヤーを選択することを忘れずにね。背景レイヤー必死になぞってもダメよ。(←よく自分がやるので(^^;)
  4. ほんで、次は、紙の端っこがちょっと破れていたり、すり切れていたりする感じを作ります。消しゴムツールを選択。ブラシライブラリから「素材ブラシ」を読み込んで、その中の「ラグマット、テリー織り」を選択して(別に他のでもいいけど)紙のエッジをチョイチョイと触って、ボロボロ感を出していきます。
  5. さて、次はもっと紙を汚くしちゃいます。そこで、すごいブラシのご紹介です。事前に簡単なメンバー登録(無料)が必要ですが、PhotoshopForce.comというサイトのダウンロードページに、grunge_brush_setっちゅーのがあるので、是非ダウンロードしてください。(他のブラシも面白いのがあるよ♪)
  6. ダウンロードしたブラシを読み込んだら、焼き込みツールでさっきと同じ設定で、エッジを中心に汚していきます。このブラシ、もう無敵!傷なんかも書き加えたり、焼き込みツールじゃなくてブラシを選んで赤っぽいのや緑っぽいのなんかでカビが生えてるようにしたり、苔が生えそうな雰囲気にしたり、いろいろ遊んで作ってください。
  7. 最後の仕上げには、レベル補正やトーンカーブを使って、全体の色を好みのものにしていきます。ちょっと暗めにすると雰囲気でるよね。セピア色にしてみたりね。

出来上がったものは、フォトコラージュの素材として、質感を出したり背景画像にしたりと用途はたくさん!いくつか作って保存しておくと便利よー。この素材を使って、新しい写真を古くすることもできます!(舞台はこの前monicciが行ってきた英国のエネルギースポット、グラストンベリー)

古い紙を作成し、素材として利用したコラージュ

Comments

comments









trackback uri

 



15 Comments for “フォトショップで古い紙を作る”

  • 猫シッター より:

    Big Surの写真をみて、エサレンでながめていた海と空に色をおもいだしていました。いい写真ですねー。

  • 鎮守様 より:

    私も最近フォトショップやってないなー。
    以前は合成をやったりしてたんですがね。
    面白そうなメモ帳ですね。
    思い出しながらやってみるか。

  • 有香 より:

    猫シッターさん>
    もしかしてblogにブラ下がってくれたのは初めてでは?!ありがとうございます!ビッグサーね、ほんっっとに美しいとこですよねー。わたしも恋しいよ〜〜〜。
    鎮守様>
    鎮守様はフォトショプ使いでしたか!合成面白いよねー。最近はそういう時間もなくて、チマチマとウエブサイトの部品作りばっかり。古い紙、素材として作っておくと、いろいろ使い回しがききますよー。

  • わらじ より:

    凄いなあ。

  • endunham より:

    こんにちはー。PhotoshopForce.comなんて知らなかったので、早速ブックマークして置きました!フォトショの雑誌で無料で付いて来るブラシセットをいつも頼りにしてたので、こういうサイトがあると嬉しいですね!最近ずっとフォトショで遊んでないので、ゆかさんの作品見たら、なんだかやりたくなってきました〜。

  • 有香 より:

    わらじ虫>
    ( ̄^ ̄)
    endunhamさん>
    最近フォトショップのtipサイト増殖してませんか?やっぱりblogの浸透に比例してると思うな。新しいtipサイトってみんなMTとかWPですよね。
    ブラシ、ほんとに頼りになりますね〜。作ると面倒だし、これ!っってのを発見するとすごく嬉しい♪

  • catnet より:

    PhotoshopForce.comのリンク先ありがとさん。早速ブラシやらフォントやらダウンロードしたでー。でもこれMacのフォトショップCSにはアプライされなんだ。CS2じゃないと駄目なのね。PCはCS2持ってるので使えたで。おもろいなー。サンクスサンクス

  • 有香 より:

    cat姐>
    わし、いまだにフォトショップ7なんですけど!!!(笑)そうか、いくつかはもうCSじゃないとダメなのねー。ぼちぼちアップグレードしなくちゃなあ。なんでも3世代孫になると、もうアップグレードできなくなるっちゅーじゃん。ってことはCS3で終わり!やばいっす。。

  • catnet より:

    CS3出たね。もうついていけん…。

  • 有香 より:

    cat姐>
    ぎゃぼ〜〜〜〜〜〜っ!(←「のだめ」見過ぎ)ついに出てしまったのね・・・。こうしてどんどん取り残されていくのね。わしのフォトショップ・サイト、もうお払い箱だな〜〜〜。情報すっかり古くなって、ネットのゴミと化しておる。情けない。。

  • Noriyuki より:

    SECRET: 0
    「フォトショップで古い紙を作る」
    とても参考になりました!
    前々からこういった汚れた感じってどうやってやるのか不思議に思ってました。
    ブラシでコツコツ汚していくのですね…
    お勧めされていたブラシも使っています!
    これからもBlog覗かせて頂きますのでっ

  • 有香 より:

    Noriyukiさん>
    コメントどうもありがとうございます!汚れた紙は素材として作っておくと便利ですよね。お役にたてて嬉しいっす!

  • craran より:

    こんにちは、craranと申します。
    最近「アップロードした写真を古写真にするサイト」を作りまして、その際にこちらの記事の古い紙を利用させていただきました。
    加工方法もとても参考になり、勉強になりました。
    ありがとうございます。

  • 有香ちゃん より:

    こちらこそ、光栄です。どうもありがとうございました。古い写真に変換するサイト?!画期的ですね!素晴らしいですー。

  • まな より:

    「古い紙」「素材」でGoogle検索したところこちらの記事がヒットしました。
    素材というよりは作り方ですが、↑のcraranさんも
    「利用させていただいた」と書いてあるので、私も使わせていただこうと思います。
    中に文章を書いて、ブログの記事にアップするつもりです。
    何か支障がございましたらまた探し回るつもりですので、数日後にまたここをのぞく予定です。


Leave a Comment

↑ページのトップへ

Earthborn Shop

カートは空です

Archives

Twitter