スピリチュアルで音楽・料理好きなおっさんレディがチェンマイから発信するしょーもないブログっす
There is nothing outside of yourself, look within. Everything you want is there-you are That. 〜Rumi

エサレン研究所、再び

 
Posted on 2006年3月11日 (土) 5:40 am
Filed under スピリチュアル, ヒーリング

2月10日に海辺のカーメルからバレー側のカーメルに引っ越しをしまして、そんときにかかったインフルエンザをこじらせてしまい、あれから一か月たつというのに、まだ咳がおさまらず、胸まで痛くなる始末で、思いっきり体調を崩しておりました。

そんな中でもいくつか楽しい出来事があったので、忘れないうちにその記録を。

まずは友達のくみっちが3度目のエサレン研究所でのワークショップ参加で、今回は1か月の滞在で3度も会うことができました♪ まずは、くみっちとモントレー在住のエサレン・ボディワーカーの佳代ちゃんと3人でCasanovaでランチ!!!アルバカーキのお京さんが来たときにハズレだったので、あれからCasanovaには絶対の自信を持てずに行くんだが、今回は大当たりでした。うまかった〜(T▽T)今後わしのお気に入りは「イカのサラダ」に決定( ̄^ ̄)

ほんで、一日はくみっちがわたしと佳代ちゃんをエサレンに招待してくれて、温泉三昧したもんね。佳代ちゃんは旦那さんがエサレンで働いているので、招待なんて日常的なのだが、日本人の友達とああして楽しくエサレンする機会もそうそうないっちゅーんで、3人で盛り上がった!(笑)

くみっちに「Silence」側の温泉でエサレンマッサージをやってもらったのが、あの日のハイライトであったなあ。わたしはエサレンとその周辺をしょっちゅうウロウロしてるくせに、エサレンマッサージは、実は初体験!クジラが汐を吹く太平洋を見ながら温泉でご機嫌でまったりしていると、タオルを持ったくみっちが迎えにきてくれて、た〜っぷり1時間以上の時間をかけたマッサージを楽しみました。くみっちって、知ってる人は知ってると思うが、おっさんなのよね。(笑)
でもね、すっごく心は細やかなのよ〜〜。それがマッサージにもよく現れてて大胆で力強く、それでいて繊細。なんと表現していいかわからん。体験してみてください(笑)エサレンマッサージというと「打ち寄せては返す太平洋の波のようなストローク」っちゅーのが決まり文句っちゅーか、どこへ行っても見る表現なので、なんか別の言葉はないのか、と冷ややかに見ておったのだが(笑)いや、わかる、やっとわかったぞ、その意味が!(笑)ごめんなさい。まさに太平洋の波でした。(笑)いや〜リラックスするよ〜。体の疲れが取れるだけじゃなくて、心が反応します。ジ〜〜〜ンと来ます。

くみっちはレイキするので、その辺の組み合わせも感じるんだと思う。東京金町でセッションしてるので、興味のある方はぜひ体験してみてください。出張もしてるそうですよ。ヒーリングスペース@ほうむ

そうそう、温泉浸かっておったらね、くみっちのクラスメートで2か月ほど滞在していらっしゃった某有名スピ系翻訳家の先生がいらっしゃってね。わたしが日本人の気を漂わせておったらしく、あちらから声をかけてきてくださったのねん、全裸で_(T▽T)ノ彡☆ばんばん!わたしは温泉に浸かっておって、あちらは横に立っていらっしゃったのでね、いやその、目線っちゅーか、位置がね。なんか初対面のご挨拶であの状況って。。。か〜なり特殊よね(^^; (てか、前にも一度お会いしてるんですが、ちゃんと話しもしなかったもんで、今回が初対面と同じでしょう)

夕方、晩飯の前にダンスに参加した。あんなに体動かしたのも久しぶりだったなー。でもね、途中でふと外を見てみたら、見事な夕焼けでね。ダンスを一人抜けて、庭に出て、太陽が太平洋に完全に沈むまで、ガヤトリマントラを唱えました。地球と宇宙と繋がった一瞬でした。ジ〜ンときたねえ。

夕食はくみっち&佳代ちゃんと3人のつもりだったけど、そこはエサレンのデカテーブル。同席した韓国人の女性、スイス人の女性と、もうひとりどっかヨーロッパから来た男性(この男性は韓国人女性を口説いておったようである)とちょっとした国際交流になる。エサレンに来て楽しいのはこういう一場面でもある♪後半には某翻訳家先生も加わった。デザートまでしっかり、いっぱい食っておしゃべりした楽しい晩飯でした。

ちょうど新月の日だったので、夜の星空といったらすばらしかったです。満天星!わたしが見た星空で一番すごかったのはアフリカで、未だにあの空を超えるものを見たことがないのだが、エサレンのあの星空は人生5〜6番目くらいかもしれん。(順番は適当です)
温泉には、わしらのほかに二人の男性がいて、でも暗かったから顔とか全然わからなくて、外にでて対面してびっくり!!!!バイト先の常連さんだった(T▽T)全裸をさらしてしまったよ(T▽T)あはははははは ま、彼等ゲイだからいいか。女の体なんて興味ないだろうし、しかもわたしだし(ー。ー )ぼそっ

とっても楽しくてリラックスした一日でした。こういう満な日ってそうそうあるもんじゃないよねえ。くみっち、ほんとにありがとねー。

【写真】エサレンのガーデンにいた虫。オレンジの花に緑の虫っつーコントラストがキレイでした。実はこの後、このカメラ故障!見事な夕焼けや、くじらの潮吹きや、温泉の風景など、全く撮れなくなっちゃったのでした。。。以来、このカメラ、1〜2枚撮るごとにディスクの初期がが必要。ほとんど何も撮れないカメラになってしまった(T▽T)

Comments

comments









trackback uri

 



Previous Topic:
Next Topic:

7 Comments for “エサレン研究所、再び”

  • おとら より:

    お久し振りの更新ですね!
    懐かしゅうございます。
    でも、病気になってたんですね。
    身体には気をつけてください。
    僕もリラックスしたい〜。
    温泉に入って。
    美しい風景を見て。
    う〜ん、たまには良い気分になりたいな〜。

  • Lady-e より:

    お引越しお疲れ様
    風邪だったんだ?疲れてると来るよね?
    奴らは弱った人をよく知ってるらしく
    狙ってやってくる!
    うははは
    大サービスしちゃったんだ?
    私も、ゆかちゃんの大サービスに
    あやかりたかった(笑
    そういえば
    前にゆかちゃんがここで紹介してた
    The Zen of CSSって本あるじゃん
    結構いい値段だから
    立ち読みしたろーと思って
    ずっと探してたんだけどさぁ(^^;
    取り扱ってるところが見つからなので
    新宿の紀伊国屋で聞いたら
    取り寄せと抜かされた(^^;
    で、値段を聞いたら・・・
    今のところ私の調査では、あの本は
    Amazonで買うのが一番安いのやもしれぬ(^^;

  • 有香 より:

    おとらちゃん、ごぶさたー。
    そうなんです、体調崩しててさー。まだ咳出てるっすよ。胸の痛みも完全になおってなくて、右脇に湿布してる。ありがとう、ほんとにもう無理のならん年齢じゃて( ̄△ ̄) 温泉いいよね!アトランタ周辺にはあるのかな?
    lady-eさん、やっと家んなかの箱もなくなった!てか、あけてない箱はガレージに突っ込んだだけっちゅー噂が(^^; もし洋書で欲しいもんがあったら、わしが帰国するときに持っていってあげるよ〜。今回は火曜日出発なのでもう間に合わないな…。

  • Masayo より:

    エサレン行く、といいながらそのまんまにしている私です。
    で、こういう日記見てさ、いいなあ、とか言うの。ダメじゃん>私。
    なんかさー、いいよね、伝わってくるよね、エネルギーがさ。
    そういうところで世間忘れてボーっと3日くらいしたいよね。
    とにかく去年の8月くらいからノンストップなので、人生がはやいはやい。
    ずんだらしてないで、はやくゆかちゃんに会いにも行かないと。。。
    ほんじゃまた。

  • 有香 より:

    ああああ、一緒にいきてーよな〜〜〜!>まさよん!
    わたし、来月末に次男のバグパイプでラスベガスさいくっぺよ。帰りに会えるかな。よっちゃおうかな。

  • くみ より:

    しなきゃしなきゃと思いつつずるけていた青色申告の書類をやっと今しはじめてるのだが、もう数字なんていやだぁ〜と思いつつ、あ、そうだ、久々にどなたさんがうちのサイトに来てくれたのか見てみようかねと解析ソフトを開いて特殊なアドレスだぁ〜と思ってジャンプしたらここだった!
    はは、てれくせー。。。書いてくれたんだね。ありがとっ。ゆかちん○はついてるってば、だってさぁ、エサレンのかの環境でマッサージ受けることほど至福はないもの。うちもそれなりにいいけどさ。。。
    もうすぐ一時帰国かね?楽しみにしてるよん!

  • 有香 より:

    くみっち、確定申告って、ぼちぼち締め切りじゃねーですか??(^^;こっちは来月っす。仕事先から収入を示す紙っぺらが届く度にため息。こんなにビンボーなのに、こっからまだ取られるんかしらねー。
    そうそう、エサレンで受けられたってラッキーだよね。てか、あたしゃココにいるんだから、そういうチャンスは作ればあるのだが、エサレン&くみっちっつー組み合わせは、そうそうあるもんじゃないよね。現地でくみっちのマッサージを受けられた幸運モノって、わしと某翻訳家先生だけ?


Leave a Comment to Lady-e

↑ページのトップへ

Earthborn Shop

カートは空です

Archives

Twitter