スピリチュアルで音楽・料理好きなおっさんレディがチェンマイから発信するしょーもないブログっす
Asato ma sad gamaya, Tamaso ma jyotir gamaya, Mṛtyorma amṛtam gamaya, Om shanti shanti shantiḥ

Another Green World / Eno

 
Posted on 2005年10月7日 (金) 7:39 am
Filed under ロック/プログレ

アナザー・グリーン・ワールド/イーノ
一生モノの愛聴盤!Brian EnoのAnother Green World。

自分の音楽体験の中での、これが大きな大きな転機になった1枚だと思う。このアルバムまでのわたしは、ポピュラー系なクラシックを経て、BCRの爆発的人気に乗ってタータンチェックを着たミーハー一直線な少女でしたっすw 当時はBCRの音楽はほんとに好きだったが、なんといっても重要なのは「見かけ」!(って今思えば、たいしたルックスではなかった(笑)>BCR)その勢いで、ロックショウなどのミーハー系ロック雑誌を愛読し、そこで知った「japan」というバンドに惚れ込んだ。で、美しきデビッド・シルビアンが影響を受けたミュージシャンとして名前をあげていた一人に「Brian Eno」の名前があったのだな。好きな人のことは徹底的に調べにゃならん。当時はネットなどという便利なものがあったワケでもなく、自分なりにEnoについていろいろ調べ、そして初めて手にしたレコードが「アナザー・グリーン・ワールド」だったのね。中学3年生でした。(同時に「Robert Fripp」の名前もリストにあって、わたしがプログレへ傾倒するキッカケにもなったのであった)

ワクワクしながらレコードプレイヤーの針を落としてみると、最初に鳴った音が「Sky Saw」だ!わたしは驚いてぶっ飛んだw 途中からは思いっきり不協和音の歌まで入ってくるし、うわ〜〜〜こりゃ聞いてられん!と、思わず針を元に戻してしまったわよ。Sky Sawのスゴさはその後しばらくしてからわかったのであった。この曲はその後Music for FilmsのA Measured Roomになる。Sky Sawを聞いてみたい人はこちら。

キャーキャーと叫べないロックスターを好きになったことがなかった15歳にとっては、当然といえば当然の反応….。中学生のわたしにはレコード一枚というのは大変な出費であるので、古レコード屋へ持っていく前に一度は最後まで聴かにゃならんと思い、もう一度かけてみた。恐怖の一曲目が終わると、アルバムは別の表情をみせはじめ、わたしはすっかり「Another Green World」の虜になったのであった。

今思えば、Enoの環境音楽の始まりを予感させる、大きな転機の一枚だったんだよね。(コレの前まではバリバリのRoxy Music路線)数曲のヴォーカル(力の抜けた柔らかな暖かい歌声である)曲も含め、まるで万華鏡のような小作品たちが、夢見る少女(?!)の想像力をかき立て、空想の世界に誘うのに最高だった。

19歳で初めてアフリカ一人旅をしたとき、カイロに向かう途中で一度降りたバーレーンで、このアルバムをウオークマンで聴いていた。ペルシャ湾に浮かぶ船の灯りや町の小さな灯たちがユラユラと揺れて、ちょうどその時にかかってた「The Big Ship」のゆったりと滑るようなフリップの音と、後半部でチラチラと忙しく鳴る音が抜群に風景と溶合ってたっけ。生まれて初めて、たった一人で外国にいて、ワクワクするような嬉しい孤独の中にいたという特別な環境が重なったこともあるけど、音楽を聴いていて涙が出てくるという瞬間はこういう時であるのよね。
BigShipの音はこちらで楽しめます

ところでこのアルバムは参加ミュージシャンもスゴイっす。まずはギターのRobert Fripp。キングクリムゾンでお馴染みのディストーションでず〜〜〜〜っと引っ張る音はSt.Elmo’s Fireでピカ1!ベースのPercy Jonesの音は、ただのベース音ではない。「sky saw」ではまるで生き物のように、それから「over fire island」ではベースが1曲の全ての風景を作り出してしまうスゴさ。

Brian EnoのCDには大好きなものがいっぱいあるけど、これが出会いということで「Another Green World」はわたしには特別な存在なのでしたー。

アナザー・グリーン・ワールド

もう一曲抜粋>Becalmed
Becalmed

Comments

comments





Related Tags: ,




trackback uri

 



2 Comments for “Another Green World / Eno”

  • Lady-e より:

    ブライアンイーノは、私1枚くらい
    レコード(^^;持ってる気がする・・・
    CDとレコード発掘するのが
    カナリ厳しい状態で(^^;未確認なんだけどね・・・
    なんとなく、今日ゆかちゃんに聞いて欲しい
    気がしたアルバムは
    ヘンリー川原のバンブーガーデン
    あとステファンバッカスのパンゲア
    ふと、過ぎったりしましたです。
    あと・・・そうそう
    禁断の場所?にハロウィンカード
    置かせてもらったでーす
    季節物ってことでお納めくださいm(__)m

  • 有香 より:

    まだわたしもCDにしたのが数枚しかないんだよねー。レコードは全部東京の弟んとこに置いてきちゃったし(あいつ、古レコード屋で処分してないだろうな….)
    Enoはお気に入りをこうして紹介してたらキリないんだけどさー。これは初イーノってことで特殊なもので。Lady-eさんのENOはドレだろうねー。
    Lady-eさんが紹介してくれた音楽はわたしは聴いたことがないっす!ぜひ調べてみよう♪ありがとねー。
    で、禁断の場所、早速チェックしにイってまいりますです、ハイ(笑)


Leave a Comment to Lady-e

↑ページのトップへ

Earthborn Shop

カートは空です

Archives

Twitter