スピリチュアルで音楽・料理好きなおっさんレディがチェンマイから発信するしょーもないブログっす
Asato ma sad gamaya, Tamaso ma jyotir gamaya, Mṛtyorma amṛtam gamaya, Om shanti shanti shantiḥ

恐い夢みた

 
Posted on 2005年1月21日 (金) 3:03 pm
Filed under スピリチュアル

casanova_soupこわ〜〜〜い夢を見まひた。

でも半分起きていたので、夢と言っていいのかわからん。夢の終わりと現実が混ざりながら目覚めることがあって、今回も そのパターンだったっす。

わたしの寝室の外には、リネン・クローゼットと本棚と般若心教の掛け軸が飾ってある小さな部屋のようなスペースがあって、壁の残り3辺にはそれぞれバスルームのドアと、もうひとつの寝室へのドア、それからリビングへのドアがあります。わたしのドアとリビングへのドアは猫たちが出入りするので完全に閉めないことにしています。

んで、外から風が入ってくるでもないのに、リビングへのドアがギギ〜〜と鳴って動いてるんですなあ。そのドアの音が夢の終わりと一緒になって出てきて目覚めたワケっすよ。

で、ドアがギーギーと音をたてて、なんかが次々と入ってくるカンジがする。そしたら耳の中でゴゴ〜〜〜っていうすごい轟音がして、頭から自分が抜けていく感覚がきてねえ。外には恐いなんかがウヨウヨしてそうなのに、出ちゃったりしたらなんだかイヤな世界を見そうでな。

こりゃいかん!と思いながら、必死に自分の中に留まるように力を入れつつ、反対にヘンなもんが入ってこないようにと頭に両手を当てて7番のチャクラを守ってみたりして。(そんなことでチャクラが守れるのかは怪しい)しばらくすると耳の中の轟音が収まったので、急いで枕元のランプを付けました。

なんだったんだろ〜〜〜〜(T▽T)
今晩はちゃんとバリア張って寝なきゃ。

(写真は話題と全然関係ないカーメルのCasanovaレストランのブヤベース)

【追記:頼りになる友達からのアドバイス 1/23】
夢じゃないらしいよ、おい!
セージ焚いて、塩をドアのとこに置いて、犬か猫をおいておくとイイらしい。あんなんでもチャクラのガードは有効だそう だす。で、防御や対処が万全でない場合は、たまに肉食って敏感さを濁らせて調節するのがいいとか。恐い思いに捕われないための、肉体を持っているからこそ 出来る対処法だとのことだが、でも、わたし、もう肉は食えんのだなあ(T▽T)そういう場合はどうしたらいんでしょうか〜>センセイ

Comments

comments





Related Tags:




trackback uri

 



Leave a Comment

↑ページのトップへ

Earthborn Shop

カートは空です

Archives

Twitter